筆跡診断でその人の性格(心のクセ)が明らかに

筆跡診断とは私たちは、人が書いた文字を見ると必ず何かを感じますよね。

「マンガみたいな丸文字、あの子らしいね」とか
「彼女、おとなしいのにこんなに大胆な字を書くんだ!」とか
「あのイカツイ人が、こんな豆粒みたいなちっちゃい字 を!?」とか。

筆跡には本人の人となりが表れる」と、
多くの人が感じている証拠でしょう。

実際、手書きの文字にみられるちょっとした特徴には、その人の深層心理が表れています。

そんな文字の書き方の特徴と心理の関係を体系化したのが筆跡心理学(筆跡学、グラフォロジー)です。

筆跡診断とは、この筆跡心理学をベースに、手書きの文字に表れた特徴をこまかく分析して、あなたの心理・行動傾向を明らかにするものです。

ふんわりとした占いとは違い、膨大な筆跡例の統計結果にもとづいたもので、一つひとつの根拠を示せる点が大きな特徴です。

筆跡を変えると心も行動も変わっていく

筆跡アドバイスでなりたい自分になる筆跡診断で今のあなたがわかったら、
今度はその結果をふまえて、
あなたが望む方向へ進めるように
開運筆跡アドバイスをいたします。

アドバイスに従って、
あなたが「こうなりたい」と望む人物像に
ふさわしい文字の書き方を身につけてください。

なりたい自分、開運した自分を
筆跡で先取りしてしまうわけです。

最初は違和感があるかもしれません。
でも大丈夫。だんだん心が追いつきます。
新しい筆跡になじんでいくあなたの手に、
あなたの心が引っ張られ、同調していくのです。

たとえば
「人にふりまわされない自分になりたい」
「もっと華のある女性になりたい」
「困難に負けない強さを身につけたい」

生き生きと輝く毎日そんな希望も、
筆跡を変えてあなたの深層心理が変わると
叶えられていきます。

素直な人ほど、はっきりと結果が出ています。

自分の気になる点や悩みを解消して
より楽しい毎日を過ごしたい。

そんなあなたのための
開運筆跡診断、体験してみませんか?

 

100年以上の歴史がある筆跡心理学

100年以上の歴史がある筆跡心理学筆跡心理学は欧米、とくにフランスでは100年以上の歴史を持ち、企業のほか警察、学校、病院などの公共機関でも活用されている、ポピュラーな学問です。

筆跡心理学が大学の正式なカリキュラムに組み込まれている例もあるほどです。

漢字・かな・カタカナという独自の文字体系を持つ日本の筆跡心理学にも、実は数十年の歴史があります。

まだ日本では、筆跡心理学のスペシャリストは知る人ぞ知る存在です。

しかし、実は個人レベルだけでなく、企業の人事、青少年の育成指導、カウンセリングやセラピーの現場など、「人」が関わるさまざまな場面で活用されているのです。

筆跡診断と筆跡鑑定の違いとは

筆跡診断と混同されがちなものに「筆跡鑑定」がありますが、両者にははっきりした違いがあります。

筆跡鑑定とは、複数の筆跡の特徴を調べ、同一人物のものかどうかを調べるもの。

裁判や遺産相続など、社会的に重要かつ深刻な場面で使われることがほとんどです。

これに対して筆跡診断とは、筆跡の特徴から、書いた人の性格を分析するものです。

健康診断を思い出してください。

健康診断は「あなたの血液や内臓はこういう状態である」という結果を見せてくれますね。

同じように、筆跡診断は「愛情、金銭、健康、職業面などにおいて、あなたはこんなふうに思い、行動する傾向がある」という結果をお見せします。

診断を受けた人には、自分の恋愛(婚活)に役立てたり、家族への接し方を変えてみたり、ある人はやりたかった勉強を始めたり……そんな新たな展開が生まれています。

このように、筆跡診断は、身近で誰にでも使える「人生の処方箋」をご提供しているのです。